天満天神梅酒大会 2012

今年も行ってきました。
日本一を決める日本最大の梅酒コンテスト、
天満天神梅酒大会。

http://umesusu.jp/taikai/

今年も天候に恵まれ、いい感じでしたが、
平日(金曜日)、お昼ちょっと前で、すごい人・・・。入場まで40分待ち・・・。
いきなり出鼻を挫かれた感じです。

画像画像









●梅酒部門
 今年も、日本酒ベースを中心に、計57本、堪能させて頂きました。
(仕方がないことですが、入れ替え制になったのが、大変、悔やまれます。)

 さて、2011年 個人的 ベストファイブ は、以下の通りです。
 昨年、ランクイン梅酒は除外しました。
 (どうしても、同じような顔ぶれになり、あまり意味がなくなりますので・・・)

1.山形正宗 熟成梅酒

酒造名 株式会社水戸部酒造 (山形県天童市)
10年熟成させた日本酒を使用した梅酒です。
試験製造のため未発売です。

2.越後の蔵秘伝梅酒
酒造名 君の井酒造株式会社 (新潟県妙高市)
昔ながらの自然な製法「生もと系山廃酒母」によって造られた、
純米吟醸山廃仕込「越後の蔵秘伝」をベースに
少量の氷砂糖で健康的に仕込みました。
 
3.六段うめ酒
酒造名 吉乃川株式会社 (新潟県長岡市)
吉乃川の「六段うめ酒」は福井県産の紅サシという梅を使用しています。
こだわりの新酒、六段仕込みに紅サシを漬け込み、
口当たりやわらかな梅酒に仕上げました。

4.澤乃井 梅酒ぷらり
酒造名 澤乃井 小澤酒造株式会社 (東京都青梅市)
地元青梅産の梅を使っており、
日本酒と梅の旨味が調和した味わい豊かな梅酒です。
使用する砂糖の量が少なく仕込むことができ、
口当たり良く飲みやすく仕上がりました。

5.薩摩スパークリング梅酒
酒造名 山元酒造株式会社 (鹿児島県薩摩川内市)
芋焼酎造り五代梅酒に炭酸を加え、すりつぶした南高梅の果肉を加えた
果実感のある香りと濃厚な味わいのスパークリング梅酒です。
とろみのあるフルーテイーな口当たりは、デザート感覚でお楽しみ頂ける、
いままで無かった美味しさです。


全体的な出品傾向としては、
流行に乗る傾向(一時期の黒糖ブーム、にごりブーム等)が減り、
それぞれの蔵、独自の方針のものが出てきたように思いました。
スタンダードなもの、ベース酒に凝ったもの、他の柑橘系等とのブレンド、
炭酸もの、と。

いろいろありすぎて、ちょっと、迷走している感もありますが、
こうしたものの中から、良いものが生き残ってくるのでしょう。
初心者は選ぶのが大変でしょうが・・・。
個人的には、昨年に引き続き、「炭酸」を加えた梅酒が面白い印象です。

また、震災の影響か、
個人的に期待している 「新澤醸造店」さんや、「後藤酒造店」他、
東北からの出品をが少なかったことが、とても残念でした。


●リキュール部門
リキュール部門も結構混んでいたので、今回はパスです。
2-3本飲んで、すぐ帰りました。


●グランプリ予想
さてさて、第二の楽しみ、グランプリ予想ですが・・・、
昨年~今年と、梅酒に力を入れてきている 「水戸部酒造」さんの
「山形正宗 梅酒」に グランプリを取って欲しい気がします。
今年も、とても良い出来でした。

今年の戦利品は、コレ。
ショッキングなことに、1本、間違えて買ってました・・・。
番号だけ見て手に取り、ラベルを確認しなかったのが悪いのですが。
まぁ、いたし方ありませんな。

画像



あと、楽天で、「山形正宗 梅酒」を買いました。
昨年はどこにも売ってなかったのですが、今では結構売られています。
ありがたいですね。


来年も楽しみです。
来年、行くとしたら、週の真ん中ぐらいの午前中になりそうです。
(調べたら、週末は3時間半待ちとか。こうなると、私には無理です。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • “梅酒日本一”競う 大阪天満宮16日から大会

    Excerpt: 梅酒の日本一を決める「天満天神梅酒大会」が16日から始まるのを前に15日、会場となる大阪天満宮で「開催奉告祭」が執り行われた。473銘柄が出品される大会の成功を祈願し、梅酒を奉納した。 Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2013-02-16 19:16