立山梅酒

立山梅酒です。
富山県の代表的な酒造さんの梅酒です。
前から飲んでみたかった一本です。

画像



原材料 : 梅(紀州南高梅100%)、日本酒(本醸造100%)、
      糖類(氷糖、液糖)、酸味料(クエン酸)
アルコール分 : 11 %
製造元 : 立山酒造(富山県砺波市)
http://www.tateyamabrewing.jp/index.html

某HPの紹介ですが
北陸最大の酒造石高を誇りながら、
地元でその九割以上が飲まれるという圧倒的な人気を誇り、
富山を代表する銘酒の一つとして名高い
銘醸蔵「立山」のこだわり梅酒です。

北陸富山を代表する「銀嶺立山」の丹念に醸した
本醸造をベースに、紀州南高梅を漬け込んだ一品です。

全量に紀州産の南高梅をふんだんに使用し、
本醸造にじっくり漬け込んだ梅酒は、元来旨みのある
日本酒をベースに仕込まれるため、糖類の使用量が抑えられ、
とても爽やかであっさりとした優しい風味に醸し上げられています。

淡い黄金色の色調と上品な梅の香り、
日本酒の旨味とほのかな甘味、瑞々しく爽やかな梅の酸味とが調和し、
喉越しスッキリとバランスの良い美味しさに仕上がっています。

日本酒ベースの梅酒ならではの爽やかな甘さと軽快な味わいは、
食中酒としても楽しめる心地よい味わいです。

だそうです。
さて、どんな梅酒でしょうか。

【外観】
微黄色澄明のきれいな外観です。

画像


【個性】
非常にすっきりとした味わいの、瑞々しさを感じる、きれいな梅酒です。
しかし、華やかに香る、しっかりしたアルコール分が強く感じられ、
相反する2つの要素を持っています。

【香り】
香りは弱いですが、ほんのり、日本酒の香りがあります。

【アタック】
非常にすっきりとした、瑞々しい梅酒の味を感じます。
飲みやすく、きれいな味わいです。

【ボディ】
飲み初めから一転、
華やかに香る、力強いアルコール分が急に感じられます。
喉から鼻に、一気に抜ける、弾ける様な力強さです。

【フィニッシュ】
アルコールが鼻から抜けると、後味スッキリです。
ほんの少し、梅の甘さが残りますが、後味はほとんどありません。

【飲み方比較】
冷は試していません。(たぶん、系統的に合わない)
ぬる燗で試してみましたが、味のバランスが崩れ、
何となく甘酸っぱい、安っぽい味わいになりました。
結果的に、ストレートが良いように思います。

【総評】
スッキリした味わいの梅酒で、雑味はほとんど無く、とても飲みやすい反面、
喉から鼻に抜けるように華やかに香る、しっかりしたアルコール分があり、
相反する2つの要素がうまく際立っている、面白い梅酒です。

個人的評価 75点


【立山酒造】立山梅酒 720ml
梅酒屋
1800mlサイズはコチラから日本酒の名門「銀嶺立山」の造る梅酒立山梅酒酒蔵名立山酒造所在地 富山県


楽天市場 by 【立山酒造】立山梅酒 720ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひかり
2011年05月23日 22:40
最近梅酒をいろいろ飲んで見ようと
まずはスーパーで手に入るところから飲み始めました!
このサイトすごく参考になります^^
これからも拝見させていただきます!
ひかり様へ
2011年05月24日 23:37
コメント、ありがとうございます。
励みになります。

この記事へのトラックバック