天満天神梅酒大会 2011

今年も行ってきました。
日本一を決める日本最大の梅酒コンテスト、
天満天神梅酒大会。

http://umesusu.jp/taikai/

朝方降っていた雨も止み、いい感じです。
昨年同様、結構なお客の入り様で。
平日(金曜日)、お昼ということもあり、
学生っぽい人、いかにも酒好きな人、プレス関係っぽい人、
お年寄りが多かったです。

画像


●梅酒部門
 今年も、日本酒ベースを中心に、計99本、
 しっかり堪能させて頂きました。

 さて、2011年 個人的 ベストテン は、以下の通りです。
 (昨年、ランクイン梅酒は除外しました。)

1.上喜元 sparkling 太陽の微笑み
酒造名 酒田酒造株式会社 (山形県酒田市)
新しい呑み口の、スパークリング梅酒です。
梅酒が好きな方も、そうでない方も、是非とも一度お試しください!
梅酒が好きになること間違い無しです!!

2.岸浪園の梅酒 青梅
酒造名 株式会社 新澤醸造店 (宮城県角田市)
宮城県角田市の岸浪園の青梅を贅沢に使用。
日本酒に漬け込むことにより、まろやかで爽やかな梅のエキスが
口いっぱいに広がります。
ロックやソーダ割りでお楽しみください。

3.山形正宗の梅酒
酒造名 株式会社水戸部酒造 (山形県天童市)
純米酒で漬け込んだ梅酒です。今季初めて造りました。

4.梅うぐいす 初霞
酒造名 久保本家酒造 (奈良県宇陀市)
奈良吉野産の完熟梅と純粋蜂蜜で造り上げました。
酸味と蜂蜜の上品な甘さをお酒が包み込むような
バランスのよい味わいの梅酒です。

5.沢の鶴 1999年 古酒仕込み梅酒
酒造名 沢の鶴株式会社 (兵庫県神戸市)
「1999年古酒仕込み梅酒」は、1999年醸造の
生モト造り純米酒で仕込んだ梅酒です。
日本酒は長期熟成させ、
古酒になるとカラメルや蜂蜜の様な甘く複雑な香りになり、
味わいもトロリとしてコクのある複雑な味になります。
その古酒に梅を漬けることで、かつてない芳醇でトロリとした、
深い味わいの梅酒が出来ました。

6.しゅわしゅわ 木内梅酒
酒造名 木内酒造合資会社 (茨城県那珂市)
第三回 天満天神梅酒大会2009 
日本一に輝きました 木内梅酒のスパークリングバージョンです。
木内梅酒の炭酸水割りよりもビールのフレーバーを強くしてあります。

7.西之門梅酒
酒造名 株式会社 よしのや (長野県長野市)
信州産ぶんご梅を吟醸酒につけました。
梅の爽やかな香り、日本酒由来のまろやかさ、
さっぱりした味わいが特徴です。
フレッシュな間はロゼワインのような淡い色合い、
熟成してくると琥珀色へと変化していきます。

8.酒呑童子 京梅酒
酒造名 ハクレイ酒造株式会社 (京都府宮津市)
地元産の梅の実を使用し、その味をありのままに引き出した梅原酒に
隠し味として日本酒を加えた。さらりとした梅酒です。

9.鶯宿梅の原酒 ゆめひびき
酒造名 株式会社 おおやま夢工房 (大分県日田市)
幾種類も栽培されている梅の中で、果汁が多く、
玉が大きい自慢の鶯宿梅を、じっくりと長期間熟成させる製法で
梅酒にしました。
万病の薬といわれる梅の成分を多くとどめています。
味わい深いまろやかな口当たりの梅酒です。化粧箱入りです。

10.日本酒仕込 千代乃梅
酒造名 富士正酒造合資会社 (静岡県富士宮市)
日本酒と富士宮産の無農薬、無消毒の梅を使用して作り上げた逸品。
日本酒独特のやわらかさに梅の味が口の中で溶けて、
まろやかでコクがあり、爽やかな酸味感のある梅酒に仕上がっています。

出品作品の傾向としては、昨年と比較し、
日本酒ベース、若しくは日本酒+焼酎ベースの梅酒が増え
ホワイトリカーベース、焼酎ベース、ウイスキー・ブランデーベースの梅酒が
減ったような印象を受けました。

また、大手日本酒メーカーの梅酒が増え、
大手参入が本格化した印象を受けました。
(値段の割にとても美味しく、コストパフォーマンスは非常に良いかと。)

その影響でしょうか、
小さな蔵の日本酒ベースの梅酒では、「大吟醸」、「山廃」等、
高品位化をうたった物が増えている気がしました。
個人的には、美味しければ、ベース日本酒は
本醸造酒で十分という考えですが、
何らかの個性が無ければ、売れないのでしょうね・・・。

地域的に見れば、東北の梅酒レベルが非常に高いです。
昨年、何度もリピートした 「べんてん梅酒」 を筆頭に、
何故か、口に合うものが多いです。
ベースの日本酒傾向が梅酒に合うのか、
気候的に梅酒を漬けるには良い環境なのか、
原因はハッキリしませんが、今後注目していきたい地域です。

一方、変わり種梅酒では、
「炭酸」を加えた梅酒で、良い物が出てきている印象です。
今後、「炭酸」梅酒に注目していきたいと思います。


●リキュール部門
 一旦、昼食休憩を挟み、
 今年から別枠となったリキュール部門にも行ってみました。
 計27本、しっかり堪能させて頂きました。
 さすがに、集中力が切れたので、軽く流す感じで参加。 

 さて、2011年 個人的 ベストファイブ は、以下の通りです。

1.萩乃露 和の果のしずく れもん酒
酒造名 株式会社福井弥平商店 (滋賀県高島市)
100年以上引き継がれてきたこだわりの国産レモン果汁を100%使用。
フレッシュな香りとやわらかい酸味が特長のレモン酒。
冷やしてストレート・ロックがお薦め。

2.酒蔵本格仕込 ゆずジンジャー
酒造名 株式会社 島崎酒造 (栃木県那須烏山市)
爽やかなゆずの風味にピリッとしたしょうがのアクセントが
力強く味わいをひきしめます。
ロック、炭酸割り、ホットもおすすめです。

3.超濃厚ヨーグルト酒
酒造名 株式会社 新澤醸造店 (宮城県大崎市)
宮城県大崎市田尻で大切に育てられたジャージー牛の生乳を100%使用。
火入れの殺菌を行っていない生の商品です。
ジャージーヨーグルト本来の濃厚かつクリーミーな味わいを楽しめます。
5度以下の冷蔵をお願い致します。

4.白雪ラピス 720ML 瓶詰
酒造名 小西酒造株式会社 富士山蔵 (兵庫県伊丹市)
清酒ベースの青リンゴのリキュールです。
青りんごの爽やかな香りでやさしい癒しのお酒。
低アルコールの軽い口当りです。
冷やしてお飲みください。

5.北山村 じゃばら
酒造名 株式会社 吉村秀雄商店 (和歌山県岩出市)
「じゃばら」の原産地、北山村との共同開発により誕生したリキュール。
おススメの飲み方はオンザロック、ソーダ割り、お湯割り、ビール割り等。

全体的に、ゆずベースが多かった気がします。
収穫時期の関係なのでしょうか。

さてさて、第二の楽しみ、グランプリ予想ですが・・・、
梅酒部門 速報結果と、私のベストテン、今年はそこそこ重なってます。
やや邪道かとも思いますが、個人的 No.1だった
「上喜元 sparkling 太陽の微笑み」に 
グランプリ取って欲しい気がします。

リキュール部門 では、
個人的 No.2だった「酒蔵本格仕込 ゆずジンジャー」
グランプリ取って欲しい気がします。

今年の戦利品は、コレ。
ほとんど売り切れでしたが、そこそこ良いお土産も残ってました。

画像


画像


しかし、HP見て思ったのですが、
品切れで試飲出来なかった梅酒もありますし、
販売コーナーも、売り切れ続出のガラガラ状態ですので、
金曜日参戦でも遅いのでしょうかね・・・。
仕事もあるし、難しいところですわ。

来年も楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック