六歌仙 純米酒で造った梅酒

六歌仙 純米酒で造った梅酒 です。

画像










原材料 : 純米酒、梅(山形県東根産)
アルコール分 : 9~10 %
酒蔵名 : 株式会社 六歌仙(山形県東根市)

六歌仙さんのHPを見て知ったのですが、
既存の5蔵が合併して出来たそうで、
酒造の世界も大変だなぁ、という感想です。

閑話休題

某HPからの紹介ですが、

山形県東根産の(節田)を贅沢に使い、
自らが醸す純米酒で美味しい梅酒を作りたい、
軽くすっきりと飲める日本酒を使った梅酒で乾杯して欲しい、
蔵の酒造りと同じ気持ちでお届けする真心こもった梅酒です。

柔らかな梅の香りと、甘すぎず、スッキリとした味わい!

■飲み方/割らずにそのまま、冷やしてロックでお飲み下さい。

■こだわり/酒蔵六歌仙の甘口純米酒(六歌仙 五段仕込み純米酒原酒)
と山形県東根産の梅を贅沢に使い、約半年間漬け込んだ梅酒です。

最初の一口目は普通の梅酒なんですが、飲むほどに個性的な味わいで、
どこか後を引く味わいに仕上がっております。
梅酒ファンの方には是非一度お試し頂きたい一本です。

だそうです。

さて、どんな梅酒でしょうか。

【個性】
澄んだ琥珀色がいいですね。
甘口の日本酒ベースの梅酒なのですが、
蝋を彷彿させる、強い風味があります。

【香り】
メインの香りは、蝋のような香りです。
梅の香りはわずかで、蝋の香りに紛れて、少し甘酸っぱい香りがします。

【アタック】
口当たりは優しいです。
アルコールはほとんど主張しません。

【ボディ】
蝋を彷彿させる、複雑な風味がとても強いです。
その後、やさしい梅の酸味と甘味が広がりますが、
負けてしまってます。

【フィニッシュ】
蝋を彷彿させる味わいが、長く残り、
最後に、梅の甘さと相まって、ハチミツの後味のような感じに変わります。
甘さが口の中に、ベタっとした感じで長く残り、
正直、もう一口、とは手が伸びないです。

【総評】
やや甘口ですが、酸味、甘味のバランスが割と良く、
苦味もなく、丁寧な造りを感じますが、
蝋を彷彿させる、複雑な強い風味が、完全に邪魔をしています。

多分、ベースの日本酒のくせなのでしょう。

それぞれの良さをかき消していて、残念な感じです。

ストレートでしか試していません。
冷で行けば、もう少し、美味しいかもしれません。

個人的評価 40点



六歌仙 純米酒で造ったうめ酒  500ml
山形の地酒処国井酒店
株式会社 六歌仙  純米酒で造ったうめ酒 こだわりの蔵人が、 こだわりのうめ酒を漬け込みました。 原


楽天市場 by 六歌仙 純米酒で造ったうめ酒  500ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック