梅酒 漬けてみました 2010 (1日目)

梅酒 漬けてみました 2010 です。
去年の 「キセキの梅酒」 と同等、もしくはそれ以上を目指して。

●梅
ことぶき農園 (和歌山県日高郡みなべ町)
朝採り紀州南高青梅 秀品 3L

http://item.rakuten.co.jp/kotobukiume/aoume-3k/#aoume-3k

ほとんど傷も無く、大粒で、新鮮そうな良い梅です。

梅の下ごしらえは、以下のとおり。

1.あく抜き 1~2時間
2.キッチンペーパーで 水気をふき取り (2枚使って、粗拭き→入念に拭き取り)
3.扇風機で乾燥 2時間
4.縫い針でホシ取り 

で、こんなになりました。

画像


●ベース
今年は以下の4種類で漬けてみました

☆ No.1 燦然(さんぜん) 「雄町」 純米酒 ☆

画像

岡山が誇る酒造好適米 「雄町」 を100%使用し、
モーツアルトの音楽を聴かせながら、限定吸水による手洗いの方法によって
吸水歩合を一定に保ちながら丁寧に醸しました。

2009全国酒類コンクール 純米の部 で
栄えある 第1位 となった逸品です。

雄町の持つ幅のある旨味を引出した
飲みあきしない純米酒です。

原料米 雄町
精米歩合 65%
アルコール分 15.0~16.0%
日本酒度 +3 
酸 1.4

「キセキの梅酒」のベース酒です。
少し、味見しましたが、
まろやか、甘さ控えめ、少し舌に刺激があります。


☆ No.2 獺祭(だっさい) 純米大吟醸 50 ☆

画像

「酔うためではなく、味わうための酒」を目指して誕生したのが
今や全国に多くのファンを持つ「獺祭(だっさい)」です。
果実のような華やかな香り、そして上品で滑らかな味わいで
日本酒ファンを魅了しております。

原料米 山田錦
精米歩合 50%
アルコール分 16%
日本酒度 +5 
酸 1.4

少し、味見しましたが、
吟醸香(メロン系)がすばらしい、すごくまろやか、スッキリ、甘さ控えめでした。
激ウマでした。この味でこの値段は、正直、びっくりしました。


☆ No.3 王祿 本醸造酒 (無濾過) ☆

画像

『王祿』は旨い!のただ一言だけの為に。

原料米 麹米 山田錦、掛米 五百万石
精米歩合 67%
アルコール分 14~15%
日本酒度 +6.7 
酸 1.9

少し、味見しましたが、
日本酒らしい味わい、しっかりとした味わい、
甘口、もっさり、後口がのこる感じです。


☆ No.4 王禄 超辛純米 (無濾過) ☆

画像

辛さを感じさせない旨みがあり、
切れが良く、料理を選ばず引き立てる酒です。

原料米 麹米 山田錦、掛米 五百万石
精米歩合 60%
アルコール分 15%
日本酒度 +9.3 
酸 2.1

少し、味見しましたが、
すっきり、辛口、しっかりした味わい、
少し後味がのこる感じです。

●砂糖
氷砂糖 298円 安モン 

●割合
No.1 燦然(さんぜん) 梅1kg 酒1.8L 砂糖330g

No.2 獺祭(だっさい)  梅1kg 酒1.8L 砂糖330g

No.3 王祿 本醸造酒 梅500g 酒700mL 砂糖160g

No.4 王禄 超辛純米 梅500g 酒700mL 砂糖160g

画像


今年もがんばりました。
出来上がりが楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック